10月≪ 2018年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2017.09/28(Thu)

私の先生(その1 松久朋琳師)

170924_1607_001.jpg
 松久朋琳作 仁王
略歴 明治34年(1901年)~昭和62年(1987年) 86歳 京都市生まれ 昭和37年京都九条山に「仏像彫刻研究所」を創設
 四天王寺大仏師
「仏さまを彫ることは自分を見つめ 自分の中のみ仏と出会うこと」とおっしゃり「一人一仏」運動を提唱されそれまで仏師の秘伝であった仏像の作り方を公開する「仏像彫刻のすすめ」を表す
先生は「あばれもの」を得意とし 「仁王の松久」と称せられた
ある日九条山の教室に行くと先生の彫られた「観音さま」が置いてあった じっと見ていると涙がとまりませんでした 先生の作品にはそのような雰囲気が感じられます 宗教的幻想といわれる作品を多く作られました
先生は技の巧拙より彫り手の邪心のないこころを仏師も学ばねばならないとおっしゃておられます
「私は朋琳先生から仏像彫刻の心を教えて頂いたと思っています」


スポンサーサイト
12:10  |  彫刻のこと  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。